? 栃内病院の診療案内(骨密度測定)|岩手県盛岡市 - 医療法人 巖心会

盛岡市・滝沢村 - 医療法人 巖心会

栃内病院
〒020-0878 岩手県盛岡市肴町2-28 / 019-623-1316
栃内第二病院
〒020-0778 岩手県滝沢市大釜吉水103-1 / 019-684-1111

栃内病院のご紹介

  1. トップページ »
  2. 栃内病院 »
  3. 栃内病院の診療案内 »
  4. MRI

骨密度測定装置

骨密度検査室 骨は一定のサイクルで骨の形成と吸収を行ない古くなった骨はどんどん新しいものに置き換わってくると言われています。

骨量は20代半ばまでは増え続けますが40才後半になり女性の場合閉経を迎えると女性ホルモンの減少とともに骨量も10年で10%〜15%も減るとさえ言われています。

このころからいわゆる骨粗鬆症と言われる骨量の減少による痛みや骨折といった生活をおびやかす症状が出始めます。

したがって、定期的に骨量(骨密度)を測定し、骨量の減少を早期にキャッチして、治療と予防をする必要があります。

50才を越えたら、是非一度測定してみて下さい。


骨密度測定装置につ いての詳細はこちら

Discovery X線骨密度測定装置